今日のハレノヒ

年長リズムと歌に想う(会報誌より)
2019.04.14

年長リズムと歌に想う(会報誌より)

3歳児担当 松下 美知代
 ピヨピヨ保育園との最後の交流保育でピアノ弾きとして参加し、リズム遊びや歌を通して、年長4人の様々な姿を見ることができました。
 「一人で歌える人!」と聞くと、真っ先に手を挙げ頑張って歌いきった子。広いホールを、いつも以上の集中力で音と共に飛び出していた子。鬼ごっこリズムで、次々と相手の子を翻弄させていた子。そして、友達のリズム遊びが素敵になったことを、皆の前でほめていた子。
 以前は、不安や自信のなさからか引っ込みがちだった4人が今、大勢の友達や先生達の中で、なんて伸び伸びと自分を出せているのだろう、と心があたたかくなりました。今もっているものを臆せず出しきれること、友達のやる事をしっかり見て、何かを感じとること。そして子ども同士影響しあい、心が豊かになること。そんな大切なことを気づかせてもらいました。素敵な年長さん、卒園おめでとう!

年長リズムと歌に想う(会報誌より)01

保護者会長 
 4名の卒園児の皆さん、保護者の皆さま卒園おめでとうございます。年長の1年間をこの園舎で過ごした初めての代ですね。  
ハレノヒの保育理念のもと子どもたちの成長をいつも考えて保育してくださる
職員・保育士さんに囲まれて、秦野の豊かな自然の中で、仲間たちと遊んで、
笑って、ぶつかって、美味しいものを食べて、寝て。ときには山や海に行ったり、伝統芸能を観に行ったり、楽しい行事があったり。そんな日々の営みが土台となって、これから健やかに成長していくことを願っています。卒園してもぜひ園に遊びに来てください。  保護者会としては実質初年度で、一から活動を考えていきました。これからも保育園と協力し、みんなでみんなの子どもを育てるということを大切にしたいと思ってます。引き続き関係する皆様の協力をよろしくお願いいたします。

トップへ戻る