保育コンセプト

保育コンセプト

生きる土台をつくる保育

乳幼児期は植物に例えれば根っこの伸びる時です。

この時期は、十分な栄養と子どもの生活の保障として 「食っちゃ寝・遊ぶ」を充実させることが必要なのです。

そしてこの「食っちゃ寝・遊ぶ」をこの時期にやりきることが 生きるための土台を作り上げると考えています。

そのためにハレノヒ保育園では「環境」「健康な身体づくり」「仲間・共存」 の3本の柱に基づいて保育をします。

  • 環境
  • 健康な体づくり
  • 仲間との共存

ハレノヒ保育園が目指す子ども

  • やさしい心とたくましい身体を持つ子
  • 自分で考えられる賢さを持つ子
  • 好奇心と意欲を持つ子

トップへ戻る