今日のハレノヒ

馬頭琴(年長 ガラスの森美術館)
2019.03.07

馬頭琴(年長 ガラスの森美術館)

2019.2.27
今年の卒園式で年長たちは「スーホの白い馬」を歌います。
「スーホの白い馬」というのは、
モンゴルの優しい心をもった少年スーホと白い馬のお話です。
そのお話のなかに馬頭琴という楽器がでてきますが
モンゴルの広い草原で奏でると、二キロ先まで響き渡るのだというのです。
子どもたちにどうしても本物の馬頭琴の音色をきかせたいと思い
箱根 ガラスの森美術館に行きました。
セーンジャーさんの演奏はモンゴルの大草原と、
そこに吹く風を感じさせてくれます。
「スーホと白い馬」という曲が演奏されると、
子どもたちはジッと聞き入っていました。
「まるで馬がはしっているみたい。」
大草原を馬が駆け抜ける様子、馬のいななき、そしてモンゴルの雄大な大自然
まるでモンゴルの草原にいるような、そんな素敵な時間でした。


馬頭琴(年長 ガラスの森美術館)01

「本当だ、馬の頭がついてる。」
「これは馬のしっぽの毛でできているんだね。」

馬頭琴(年長 ガラスの森美術館)02
馬頭琴(年長 ガラスの森美術館)03

トップへ戻る